分筆すると

大きなアーチの玄関

相続登記するには全員の同意が必要です

一つの不動産を複数人で分筆すると、分筆費用もかかりますし、いざ売却しようと思っても難しくなります。その自宅に誰も住む予定がないなら、不動産売却をと考える方が多いようですが、慎重に話を進めないと、意外とトラブルも多いものです。 まず不動産売却をする前に、誰か一人が代表して相続登記をする必要があります。期限がないため登記せずに放置されているケースが多いようです。いざ登記簿謄本を取り寄せてみると、両親のそのまた両親の登記のままだった、と言うケースもあります。登記の書き換えには、相続人全員の同意が必要なのでとても大変な作業になります。

遺産を巡るトラブルを避けるためには

又、相続税がかかる場合もありますし、不動産売却後には譲渡税がかかります。譲渡税には軽減措置もあります。譲渡税の計算には、不動産を取得した費用などが必要になりますので、資料を揃えておくといいでしょう。 さらに忘れてはならないのが、相続するものの中に借金があるかどうかです。もし借金がありすべての遺産をトータルするとマイナスになる場合は、相続放棄を考えることでしょう。しかし不動産の相続登記をしてしまうと、単純承認とみなされてしまい、相続放棄は出来なくなります。 不動産売却ができた場合も、その売却代金の分配については、最初にきちんと決めておかなければ後々トラブルに発展するかもしれません。遺産分割協議書の作成や、税金対策なども含めて考えると、専門家に依頼するほうがいいでしょう。